トータルヘルスシステム 元気生活

トータルヘルス研究とは?

トータルヘルス研究の目的は「トータルヘルスの実現」であり、その「トータルヘルス」の定義は、Healthの語源1)(図1、2参照)から導いた「社会全体として完全なる健康体」(以下枠内参照)としていますが、一般の方々には「しあわせで、イキイキしていて、からだに良くて、経済的にも豊かな社会(生活)」などと平易に表現しています。

「health」の語源1)をさかのぼると「whole」という単語に行き着き、「whole」を辞書でひくと「全体・全部・全員」「完全体」「有機的統一体」「欠けた部分のない全体」という意味であり、「total」とは「個々のものが加えられ、合計された総体」と記載されています。したがって「トータルヘルス」の意味は、「個々のものが統合された完全なる有機的統一体」となり、社会医学的に解釈すると「社会全体として完全なる健康体」すなわち「個々が本来の働きをイキイキと発揮しながら、それらが見事に統合され、社会全体としても素晴らしい働きをしており、こころ、からだ、環境、経済、経財などのあらゆる面で完全なる健康体」を指し得ます。

そして目的である「トータルヘルスの実現」に向け、その中核要素と判断したメンタルヘルスのコアテーマから研究を開始し、それを基本仮説(根幹仮説)としてまとめた後に、生活の多様なテーマ別にも仮説(枝 葉仮説)を立てて実証研究をしています。以下の枠内に基本仮説概要と生活テーマ別仮説概要例を記載します。基本仮説の詳細は、論文提示の形式では本質的ではないことが研究の結果判明しましたので、「エンパワーメントスクール(Eスクール)」や「アタマのお産」とも称される「メンタルヘルススクールシステム」の中の「コアスクール」(図3のB参照)という問答形式の参加型スクールを研究開発し、その中で公開しています。

(基本仮説概要)
社会全体的な脳の進化成熟に伴い、人の本来の働きが発揮され、こころ、からだ、環境、経済などのあらゆる面で素晴らしいトータルヘルスが実現する。

(生活テーマ別仮説概要例)
人の本来の働きが発揮されると
・センター(軸)が通ってゆる2)んだこころやからだとなる。
・感覚脳力が高まり、音や食や香などを最高に楽しめる。
・良き仲間と、素晴らしい環境で、イキイキと働ける。

基本仮説は、言い換えれば「トータルヘルスの実現には、人の本来の働きが発揮されることが前提で、その また前提には、社会全体の脳の量的、質的両面での進化成熟が必要である」というものです。その視点からみ ますと、「人口爆発」などと一般に危機と認識されている西暦1900年過ぎからの地球人口の急激な増加(図 4参照)も「社会全体的な脳の量的進化」として、また日々の報道を賑わせる諸分野の諸問題も「脳の質的進 化の素」すなわち「練るの素」と認識するなど、すべての事象を肯定的に昇華することも可能です。  そしてこれらの仮説の実証研究として、「トータルヘルス医学システム(生活システム)」という「統合医 学を活用した公衆衛生システム(生活システム)」(図5参照)を多分野の専門家や専門組織と協働研究開発 中ですが、実証研究の核は、出会いとご縁を大事に、脳の進化成熟を重視した人材開発とその有機的統合(仲 間の開発)です。具体的には以下の3側面(以下の@、A、B)で研究開発を進めながら、ご縁のある方々 (個々の住民や職員)や集団(地域や職場など)のトータルヘルス活動※に寄与しています。
@基本の定義や概念などの研究開発
 上記の「トータルヘルス」や「トータルヘルス活動※」や「トータルヘルスマネージメント※※」や「公衆衛生医」などの基本的な定義や概念などを基本仮説に立脚して研究開発しています。
Aトータルヘルスメニューシステムの研究開発
 上記枠内の生活テーマ別仮説概要例のように、「人の本来の働きが発揮されると実現すると仮説が立つ素 晴らしい生活行動」すなわち「トータルヘルス生活を構成し得る人本来の生活行動」を既存研究からの抽出、 洗練や、新規開発によって個別に開発し、それを選択しやすいように「生活メニュー」としてリスト化し、さ らに以下のような発生学的視点などで分類、体系化して「トータルヘルスメニューシステム」の概要(図8参 照)や詳細を開発しています。
1)休メニュー(外胚葉由来臓器である脳神経系主働の生活:思考、言葉、音楽、睡眠など)
2)働メニュー(中胚葉由来臓器である筋骨格系主働の生活:体操、施術など)
3)食メニュー(内胚葉由来臓器である消化器系主働の生活:食べ方、アロマ、飲食物など)
4)住メニュー(からだの外側、すなわち環境に関わる生活:靴、衣服、住環境など)
B生活メニューの提案、提供、実行サポートなどに関するシステムの研究開発  上記の生活メニューを、ご縁のある方々(個々の住民や職員)や集団(地域や職場など)に適切に提案、 提供、実行サポートなどをするための具体的なシステムであり、現状では以下を研究開発中です。
1)職域の産業医システム(脳力開発型産業医システム)
 地域医システム(以前は三重県の紀南地域を地域アドバイザーとして担当しました)と対になる公衆衛 生医システムの1つであり、以下のような多様な組織を産業医として担当しながら研究開発中です。
a.職員規模:10名、200名、400名、8,000名など(概数)
b.業  界:医療(病院)、流通、製造、IT、行政(市役所)、福祉(障害者や高齢者福祉の施設)など 2)地域のトータルヘルスセンターシステム(図9参照)
 三重大学医学部公衆衛生学教室、人文学部経済の深井教授、津市の健康づくり課との協働研究で地域測 定をするところから本格的に始まり以下の内容などで研究開発中です。
a.楽局[ショップ・カフェ・スクール・イベント・個別相談]
a.公衆衛生クリニック(個別トータルヘルスマネージメント※※クリニック)[測定・面談・施術など]
3)出張スクールやセミナーやイベント(現在は地方自治体関係での実施が主)
4)なんでもメール相談(現在は産業医やこころの定期健診担当組織の職員が主)など

※トータルヘルス活動(図6参照<)br> ・トータルヘルスの実現を目的とした、一般にいう治療活動、予防活動とは異なる概念の活動であり、病や障害をはじめとするあらゆる問題は、治療や予防の対象ではなく、トータルヘルスに向けた脳を 始めとする進化の起点、機点(チャンス)と認識します。
・トータルヘルス活動の中核は、こころ、からだ、環境、経済、経財などのあらゆる面のマネージメントを統合的かつ一元的に行うトータルヘルスマネージメント[TM]※です。
※トータルヘルスマネージメント(TM)(図7参照)
・トータルヘルス活動※の中核活動であり、個々の住民や職員から大小様々な集団(地域、職域)などそして社会全体にいたるまでのあらゆる規模のあらゆる面において、統合的かつ一元的に行われるべきSPDマネージメントサイクル、すなわち個々のこころ、からだ、環境などの諸状況を測定(See)し、それぞれに適した生活メニューを立案(Plan)し、実行(Do)するというサイクルを回す活動です。
・「経済」は「経世済民」の略であり「世の中に理を通して治め(経世)、民衆を救うこと(済民)」が原義ですので、TMでは、「経済」を「社会に役立つ素晴らしいサーピスや物品などの提供」と位置づけ、「経財」と切り分けています。

(参照文献)
1)ランダムハウス英和大辞典 第2版 小学館 
2)高岡英夫「決定版 ゆる体操」(PHPビジュアル実用BOOKS)


Copyright 2008 POSEIDON,Inc All Right Reserved.